カーネット  〜 任意保険の種類 〜

トップページ  >> 任意保険の種類

任意保険の種類

任意保険にはどのようなものがあるのでしょうか?このページでは任意保険の種類についてご紹介したいと思います。
任意保険の種類について知りたい方や任意保険に加入しようと考えている方は必見です!

任意保険はモノ・人に対する補償があります。どのような補償があるかをここで知りましょう!

車両保険

車両保険とは自分の運転している車に対して補償する保険のことです。事故などを起こした場合自分の車にキズがついていたりへこんでいたりしたときに修理にかかる費用が保険金でまかなわれます。また、車両保険とは事故を起こしただけの場合ではありません。台風などや火災などで車が被害を受けた場合も補償されます。

対人賠償保険

人に対して補償される保険のことです。交通事故での慰謝料は時に人生の歯車を狂わせます。そんなときに入っておきたい保険が対人賠償保険です。車を運転しているときに人にぶつかったりはねてしまってけがを負わせてしまったとき、死亡させてしまった場合に補償されます。相手がけがをした場合、病院の入院費や治療費なども補償されます。人に対しての保険なので車などモノへの補償は一切ききません。

人身傷害補償保険

この保険は車に乗っているときや外を歩いているときなどに事故にあってけがをおってしまったり死亡してしまった場合に補償される保険です。この保険は保険に加入している人の家族が車に乗っているときや外を歩いているときに事故にあってけがをおってしまったり、死亡した場合も補償がききます。

搭乗者損害保険

搭乗者損害保険とは、車に乗っている人がけがをおってしまったり、死亡した場合に補償される保険のことをいいます。運転手はもちろんのこと、一緒の車に乗っている全ての人が補償されます。家族で車に乗ってよく出掛ける人や、友人や知人などをよく車に乗せて運転する人は加入したほうがいいかもしれませんね。

対物補償保険

車を運転中に相手の車などにぶつかったときに補償されます。物にしか補償がきかないので人がけがをおってしまったり、死亡してしまった場合の保証は全くありません。
”対物”なのであくまで物に対しての補償だけです。また、相手の車にぶつかってキズをつけてしまった時に、自分の車にもキズがついてしまう場合があります。しかし対物保険は人のモノにしか補償がきかない保険なので自分のモノは一切補償されないということを頭にいれておいてくださいね!

無保険者傷害保険

車と事故を起こしたしまった場合、相手側が対人賠償保険に加入していなかった場合に補償されます。しかし!この無保険者傷害保険が補償される条件はこれだけではありません。相手の車と事故がおきた場合、普通のけがだと補償されないのです。これは、後遺傷害をおった場合や死亡した場合のみ補償されます。治るようなけがの場合は補償がきかないようです。

自損事故保険

自損事故保険とは、単独事故であったり、明らかに自分のほうだけに過失があり、運転していた本人がけがをおってしまったり、死亡してしまった場合に補償されます。明らかに自分のほうだけに過失があるような事故といえば、スーパーなどの駐車場に停めてある車に突っ込んでしまった場合など。単独事故の一般的な例といえば、電柱にぶつかってしまったなどがあげられます。

任意保険の種類についてご紹介しましたが参考になりましたでしょうか?
任意保険は加入する義務はありませんが、入っておくと何かと助けられる保険でもあります。もしものことを考えて保険に加入するのをおすすめします。